寝る前1分で幸せになる方法

トレジャーメモリーメソッド

しと進化のカウンセラー

まるやまともこです。

 

 

 

 

 

 

 

日々、過ごしていると、
ちょっと気になることとか、
落ち込むこととか、
ムッとすることとか。

 

いろいろありますよね?

 

私ももちろん、あります。

 

でも反対に、
いいこともたくさんあるんですよね。

 

例えば

「いつものパン屋さんに行ったら、新作が出ていて、
食べたら美味しかった!」

とか。

「採血担当の看護師さんが
楽しい気分にさせてくれる人だった!」
←これもホントの話

 

「夫と5分だけど楽しい会話した!」
←これもホントの話

 

とか。

 

これね、毎日やるといいのです!

 

 

寝る前に、
今日あったいいことを3つ書く!

 

「スリー・グッド・シングス」

です!

 

ペンシルバニア大学ポジティブ心理学の
セリグマン教授が提唱したもの。

 

「3行日記」
「ほめ日記」
「感謝日記」

 

なども同じような考え方のものだと思います。

 

寝る前ほんの少しの時間を使って、
今日のよかったことを書いてみる。
本当に小さなことでよいのです。

 

これを一週間続けると6ヶ月の幸せ効果がある
のだとか。

 

継続することで、さらに効果がありそうですね。

 

寝る前の1〜3分を使って、
今日のよかったことをノートに書き留めておく。
手書きがオススメですが、
面倒な方はスマホに書くもよし。

 

 

私のクライアントさんたちも、
これをやることでマインドが安定して、
行動が変化したり、行動力がアップしています。

 

 

「自己否定ばかりだったが仕事が決まった!」

 

 

「現状の課題をなんとかしなくては!と焦っていたが、

気持ちが落ち着いて、職場でも家でも優しい気持ちで過ごせるようになった」

 

 

「精神的に安定して、新しい仕事にチャレンジできるようになった!」

 

 

そういった報告をいただいています!

 

日々を前向きに楽しく過ごせるようになるのですね。

とにかく、自分の幸せを自分で感じること。

 

誰かに認められること以上に、

自分で自分のよかったことを実感すること。

これが最強だと私は思っています。

何よりも心の状態が大事だから。

 

 

 

洗濯やった!

食事作った!

締め切りの書類提出!

宿題やった!

 

そんな小さなことでいいんです。

 

 

ぜひ寝る前の1分、
今日のよかった小さなことを3つ
書き出して、幸せな気持ちでおやすみください。

 

 

とてもスッキリと眠れて、

ステキな朝が迎えられますよ!

 

 

今日も素敵な1日をお過ごしください。

 

 

「寝る前1分で幸せになる方法」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です