なんでもポジティブで大丈夫??

トレジャーメモリーメソッド

しと進化のカウンセラー

まるやまともこです。

 

 

マイナス思考、ネガティブ思考に陥っている時。

 

 

ちょっとでも気分を上げたい!

前向きに物事を進めたい!

そんな時がありませんか?

 

 

 

落ち込んでばかりいないで、

前向きに考えよう!

 

 

マイナスではなく、プラス思考で捉えよう!

 

 

 

よく言われていることだし、

とても大事ですよね。

 

 

でも、そんな風に思えない時もあると思います。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

 

 

そんな時は・・・

 

 

ネガティブな自分を認めて、受け容れることです!

 

 

 

プラスに、ポジティブに考えられる時はいいんです。

でも、どんなにそう思って頑張っても無理だったり、

どうしてもマイナス、ネガティブな気持ちになってしまう時。

そんな時は、無理する必要はありません。

 

 

なぜなら、

心はその感情を認めて欲しい!

 

と叫んでいるからです。

 

 

 

マイナスな、落ち込んでいる自分も大切な自分です。

そんな自分を自分自身が認めること。

 

 

今はネガティブにしか考えられない自分を

受け容れることが大事なんです。

 

 

例えば。

今日は職場で大失敗をしてしまい、

大恥をかいてしまいました。

どっぷり落ち込んでいます。

 

職場では、なんとか顔を引きつらせながら乗り切ったけれど、

ポジティブに考えようにも、

一人になるとそんな気分になれない。

 

 

そこで、

よし!ポジティブだ!

と切り替えられないのなら。

 

 

今日は残念だったね。

どんな気持ち?と優しく問いかけてみましょう。

 

 

一生懸命準備したのに、あんなミスをするなんて、

本当にがっかり。

悲しい。

 

 

そうだよね。

がっかりだよね。

悲しいよね。

 

と、その気持ちを受け容れてあげましょう。

 

 

そうすることで、少し気持ちが落ち着いてきます。

 

 

必死にポジティブに捉えようとして、

苦しくなっていることに気づいたときも同様です。

 

 

そんな時は、優しく今の自分を受け容れてあげましょう。

 

 

ここで大事なのは、

 

間違っても自分を責めないこと!

 

まず、そう感じている、思っている自分を受け容れて認めてあげましょう。

 

 

それができて、

少し気持ちが落ち着いてきたら、

次にどうするか決めましょう。

 

 

今は考えても仕方ないから、美味しいおやつ食べよ!とか。

今日はもう寝よう!とかですね。

 

とにかくポジティブ!に考えるのではなく、

そんな風に思えない時は、

どんな感情であっても、

一旦、自分の感情を素直に受け容れる。

 

まずは、自分で自分の感情を認めてあげること。

すると気持ちがラクになってきます。

 

何度も何度も、その気持ちが湧き上がってきたときも、

「そうなんだね」

と受け容れてあげてください。

 

ご自分の感情、ネガティブな感情こそ、

丁寧に、大事にしてあげてくださいね。

 

 

 

「なんでもポジティブで大丈夫??」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です